ボディピアスでキメる

ボディピアスの開け方について

ピアスの開け方

ボディピアスを開ける場合には、14Gか16Gのニードルによって行なわれることが一般的です。
開け方としては、まずボディピアスを着ける場所にホールを開ける位置を決めてその位置をマーキングします。ピアスを開けて、ファーストピアスと呼ばれるピアスを入れていきます。数ヶ月ホールを清潔に保たせてると、ホールが完成して安定した状態になります。安定した状態になれば、好きなピアスに入れ替えることができます。
開け方は耳やヘソ、口の中などによって変わってきます。しかし、素人が行なってしまうと綺麗にホールが開けられなかったり、腹部周辺は着衣の締め付けや運動によってトラブルが起きやすく、衣類に引っかかってしまうとホールの内部が傷ついて肉芽ができてしまうこともあります。
ボディピアは血管や神経を傷つけてしまったり、感染症になってしまうこともあるためきちんとした医療知識とピアスのことに詳しい病院で開けることが望ましいとされています。

ボディピアスは専門店で買おう

耳用のピアスと軟骨やおへそなどにつけるボディピアスは全く違うもの。
専門店のメリットは特定のジャンルだけを追求しているお店ならではの品ぞろえですから、必ず自分好みのものが見つかるはずです。女性用と比べてバリエーションが少なそうなメンズ用のボディピアスも揃っています。
金属アレルギーの人向けのピアスやピアッサーも探しやすいのも特徴です。自分はアレルギー体質だからとあきらめる前に専門店で自分に合ったものがないか探してみてください。
身体用とはいっても、どこにつけるかで最適なものが変わってきます。ちゃんとそのパーツ専用のものを着けていきましょう。
専門店ならデザインやメーカーも選択肢が膨大なので、妥協しなくてもいいのです。
ショップスタッフの運営しているSNSなどがあるところなら、新作の情報やアレンジの仕方などもレクチャーしてくれますから、おしゃれの参考にもなります。初心者はこれを見て勉強したらいいですね。

Valuable information

日本橋の風俗求人情報
http://www.5250.jp/nihonbashi/

最終更新日:2016/11/17

Copyright (c) 2015 ボディピアスでキメる. All Rights Reserved.